コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヤル運河 ローヤルうんがRoyal Canal

世界大百科事典 第2版の解説

ローヤルうんが【ローヤル運河 Royal Canal】

アイルランドのダブリンからマリンガー,ロングフォードを経由してシャノン川に結ぶ,全長約130kmの運河。1789年着工,1817年開通。南側の,ダブリン~タラモア~シャノン川~バリナスローと走るグランド運河(1756着工,1805完成。全長約150km)とともに,アイルランド中央平野部を東西に走る大運河で,シャノン川上流アリナ地区の石炭の開発・搬出を予定したとされているが失敗し,開通当初からあまり利用価値はなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android