コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンソ Lourenço

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローレンソ
Lourenço

[生]大永6(1526).肥前
[没]文禄1(1592).長崎
日本人キリシタン,イエズス会イルマン (伊留満) 。了西とも称されたが日本名は不明,ローレンソは洗礼名。初めは琵琶法師として流浪,山口で F.ザビエルより受洗。宣教師の通訳として布教を助け,みずからも多くの上流人士に影響を与えて,高山右近らの京畿の諸侯たちの教化に努めた。織田信長の前で行なった朝山日乗との宗論は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローレンソの関連キーワードアフリカ大地溝帯モザンビーク織田信長マプト湾レシフェみずからザビエル琵琶法師マプト京畿受洗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android