コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンツ因子 ローレンツいんしLorentz factor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローレンツ因子
ローレンツいんし
Lorentz factor

特殊相対性理論に現れる因子で, である。ここで vは2つの座標系間の相対速度または粒子の速度,cは真空中の光速度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ローレンツ‐いんし【ローレンツ因子】

ローレンツ変換で用いられる因子。運動する物体の速度vと光速度cの比v/cをβとするとき、ローレンツ因子γは1-β2の平方根の逆数で表される。等速運動をする物体は運動方向に1/γ倍に収縮され(ローレンツ収縮)、また時間の進み方もγ倍に遅れて見える(浦島効果)。ローレンツファクター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ローレンツ因子の関連キーワード相対速度粒子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android