コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイネルト Weinert, Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイネルト
Weinert, Erich

[生]1890.8.4. マクデブルク
[没]1953.4.20. 東ベルリン(現ベルリン)
ドイツの詩人。初め美術工芸の教師をしていたが,キャバレー「レトルテ」付きの作者となり,1924年共産党に入り,政治記者,扇動家として活動。 33年亡命,スペイン内乱に参加。のちソ連におもむき,第2次世界大戦後東ドイツへ帰り,教育問題などを担当した。『政治詩集』 Politische Gedichte (1926) ,『夜への叫び』 Rufe in die Nacht (47) などのほか,短編集,エッセー集がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワイネルトの関連キーワード社会民主党(ドイツ)ドイツ映画ビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話山県有朋ロサンゼルス・ドジャース

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android