スペイン内乱(読み)スペインないらん(英語表記)Spanish Civil War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン内乱
スペインないらん
Spanish Civil War

1936~39年スペイン人民戦線政府に対し,国内では保守派,国外からはイタリアのファシストとナチス・ドイツが支援した武装反乱。 36年2月 16日の総選挙で勝利を収めた人民戦線派は,左翼共和党,共和同盟の連立内閣を組閣,政教分離,農地改革などの政綱を掲げ,ファシスト勢力の指導層を投獄,左遷した。しかし F.フランコを旗頭とする軍部,王党派,右翼諸党は,7月 17日にまずスペイン領モロッコで軍の反乱を起し,それが本土の軍隊の決起を促した。人民戦線政府側は労働者,農民の支持を得,フランコ側は地主,資本家,教会の支援を受けていた。ドイツ,イタリア,ポルトガルはフランコ側を助けて多量の兵器,弾薬,有力な義勇軍を送り,ソ連は人民戦線政府を支持して,武器,弾薬を送り,軍事代表団を派遣して全面的に支援した。フランコ側は当初共和政を支持する民衆の抵抗にあい苦戦を強いられたが,ドイツ,イタリアの援助を受けて8月以後盛返し,9月末には本土の約3分の2を手中に収め,10月フランコは自ら国民政府の統領 (→カウディリョ ) と宣言した。交戦者双方を支援するドイツ,イタリア,ソ連などは,自国の最新兵器を送り,斬新な戦法を試みたので,スペイン内乱はあたかも国際的な新兵器試験場の観を呈し両陣営に凄惨な残虐行為が発生した。スペイン正規軍の大部分がフランコ側に属したため,またソ連の援助兵器の質の悪さ,人民戦線側の兵器購入力の不足,イギリス,フランスの不干渉政策などのため,人民戦線政府側の善戦にもかかわらず,39年1月 26日バルセロナが陥落。3月 23日には共和国政府軍が維持していたマドリードでフランコ軍との和平を求めるクーデターが起り,同月 28日フランコ軍はマドリードに入城した。かくてスペイン内乱はファシスト勢力側の勝利に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スペイン内乱【スペインないらん】

1936年―1939年スペインで起きた内乱,内戦。1936年2月アサーニャを大統領とする人民戦線政府が成立,これに反対する右翼諸勢力がフランコによるスペイン領モロッコでの軍事蜂起を契機に反乱を開始,内閣は総辞職へ追いこまれた。フランコ陣営は次第に結束を固めながら優勢に戦いを進め,1939年2月人民戦線政府は国外に亡命,3月フランコ軍のマドリード占領で内乱は終結した。この間に英・仏は不干渉政策をとったが,独・伊は積極的にフランコ軍を軍事支援,政府軍はソ連や国際義勇軍など各国民主勢力の支援を受け,国際的なファシズム対民主主義の戦いの様相をみせ,第2次大戦の予行演習と呼ばれた。
→関連項目アルベルティアルメリアイバルリエリセエレンブルグオーデンカザルスカタルーニャガルシア・ロルカカルデナスゲルニカゴットワルトゴメス・デ・ラ・セルナサラゴサシャールスペインスペンダー第五列第2次世界大戦タピエスネンニバリェホバルセロナビルバオファランヘ党ファリャブルゴスブルムベチューンヘミングウェーベルナノスマチャードマドリードマルロームッソリーニロンゴ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スペインないらん【スペイン内乱】

1936年7月17日夕方,スペイン領モロッコで勃発し,スペイン全土に拡大して,39年4月1日に終結した内乱,内戦。この結果,スペイン第二共和政は崩壌した。
[多様な内乱像]
 スペイン内乱は世界の耳目を集め,その解釈・論評の内容は非常に多岐にわたった。多様な見解が生じた第1の理由としては,内乱がスペインの歴史全体,とりわけ17世紀後半以降の歴史の中でとらえられていないことがあげられる。第2に,イデオロギーにとらわれた一方的あるいはかたよりのある狭い視野で内乱が語られたためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スペインないらん【スペイン内乱】

1936~39年のスペインの内乱。36年成立の人民戦線政府に反対してフランコを指導者とする反乱軍が蜂起ほうき。ドイツ・イタリアに支援された反乱軍は、国際義勇軍・ソ連の援助を受けた人民戦線を破り独裁政権を樹立。スペイン市民戦争。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスペイン内乱の言及

【死者の谷】より

…スペインの首都マドリードから北西へ58km,グアダラマの山間部に,スペイン内乱(1936‐39)の戦死者を弔うために建立された納骨堂の通称。スペイン語ではバリェ・デ・ロス・カイードスValle de los Caídos。…

【ジャック白井】より

スペイン内乱(1936‐39)に義勇兵として共和国側の戦列で戦った唯一の日本人。本名不明。…

【戦間期】より

…36年6月,フランスでは社会党と急進社会党よりなる人民戦線政府が発足した。しかしながら新政府の社会改革計画は資本側の抵抗にあって行き詰まり,さらに7月に勃発したスペイン内乱に伴う外交指導の危機にさらされ,統治能力の喪失を露呈した。人民戦線政府に対する軍部のクーデタに始まるこの内乱に際してブルム政府は,反乱側へのドイツ,イタリアの援助にもかかわらず,イギリスの圧力とフランス国内世論の分裂の危機に直面して不干渉政策を提案し,9月にはロンドンに不干渉委員会が設けられた。…

【第2次世界大戦】より

…通常,1939年9月1日ドイツのポーランド侵攻から45年9月2日の日本の降伏文書調印まで続けられた戦争は〈第2次世界大戦〉といわれる。この期間ドイツ,イタリア,日本の枢軸国側とイギリス,フランス,アメリカ,ソ連,中国などの連合国側とが,大西洋,ヨーロッパ,北アフリカ,そして太平洋,東アジアを主たる戦場として巨大な規模の戦争を展開した。この戦争は,(1)当時の大国のほとんどが戦争に参加したこと,(2)また当時の先進国の領土が戦場となったこと,(3)このため戦争により国際秩序が根底的に変化したことから,まさに〈世界大戦〉といえるものであった。…

【バダホス】より

…13世紀に造られた聖堂は要塞の性格を備えている。ポルトガル方面への要所にあるため,スペイン独立戦争中の1811‐12年に重要な戦闘が行われ,また1936年スペイン内乱勃発直後,北アフリカ駐屯軍がここを占領し,激しい弾圧を行った。最近の資料では,弾圧によって殺された人の数は当時の人口の4.22%,2964人といわれ,スペイン全国の国民戦線による弾圧の平均を上回っている。…

【ラテン・アメリカ文学】より


[イスパノ・アメリカの文学]
 スペイン系アメリカを中心にしたラテン・アメリカ文学は,15世紀末の発見・征服の時代から始まり,植民地時代を経て,独立時代に入り,現代にいたる約500年の歴史をもっている。まず発見・征服の時代には,それに参加した征服者や聖職者の日記,記録,報告,年代記,書簡などが文学史を形成することになる。そのおもなものをあげると,ラス・カサスの手書本による《コロンブス航海誌》,エルナン・コルテスの《五つの報告書》(1519‐26),ラス・カサスの《インディアス破壊に関する簡潔な報告》(1552),ベルナル・ディアス・デル・カスティリョBernal Díaz del Castillo(1495か96‐1584)の《新スペイン征服正史》(1552)などである。…

※「スペイン内乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報