コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイノネン Vainonen, Vasilii Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイノネン
Vainonen, Vasilii Ivanovich

[生]1901.2.21. サンクトペテルブルグ
[没]1964.3.23. モスクワ
ソビエト連邦の舞踊家,振付師。1919年国立オペラ・バレエ劇場(のちのマリインスキー劇場)付属舞踊学校卒業,同バレエ団に参加(→マリインスキー劇場バレエ団)。振付師としてドミトリー・ドミトリエビッチ・ショスタコビッチ『黄金時代』(1930)などロシア革命後の実験的な作品をいくつか発表したのち,『パリの焔』(1932)でクラシック・バレエと民族舞踊を基盤に社会主義リアリズムの情熱を描き,地位を確立。ジグムント・フロイトの精神分析学を応用して夢と現実を巧みに交錯させた『くるみ割り人形』(1934)の新演出は代表作となり,『ライモンダ』(1938)の改訂版とともにロシアで広く上演された。またハンガリー・バレエ団やノボシビリスク・バレエ団の発展にも寄与した。1947年と 1949年にスターリン賞を受賞している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワイノネンの関連キーワード舞踊家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android