コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くるみ割り人形 くるみわりにんぎょう Shchelkunchik; The Nutcracker

6件 の用語解説(くるみ割り人形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

くるみ割り人形
くるみわりにんぎょう
Shchelkunchik; The Nutcracker

2幕3場のバレエ。ピョートル・チャイコフスキー作曲。エルンスト・T.A.ホフマンの童話『くるみ割りネズミの王様』に基づく。振付家マリウス・プティパが台本を書き,全曲は 1892年2月完成,12月バレエ初演のときはプティパが病気のためレフ・イワーノフが振り付けを担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

くるみ割り人形【くるみわりにんぎょう】

チャイコフスキー作曲のバレエ音楽。《Shchelkunchik》。E.T.A.ホフマンの《くるみ割り人形とネズミの王》を原作としてA.デュマが脚色,これを基にプティパが台本を書いた。
→関連項目チェレスタディベルティスマンヌレーエフフォンテインロンドン・フェスティバル・バレエ団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

くるみ割り人形

ロシアの舞踊家・振付家レフ・イワーノフによる全2幕3場のバレエ(1892)。音楽はピョートル・チャイコフスキー。E・T・A・ホフマンの童話『くるみ割り人形と二十日ねずみの王様』を題材とする。

くるみ割り人形

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーのバレエ音楽(1892)。E・T・Aホフマンの童話『くるみ割り人形と二十日ねずみの王様』を元に作曲された。『白鳥の湖』、『眠れる森の美女』とともにチャイコフスキーの三大バレエと呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くるみわりにんぎょう【くるみ割り人形 Shchelkunchik】

チャイコフスキーの音楽による2幕のバレエ。原作はE.T.A.ホフマンの《くるみ割り人形とネズミの王》だが,ペチパがバレエ台本にし,ペチパの弟子イワノーフ振付で1892年12月ペテルブルグマリインスキー劇場で初演された。クリスマスの前夜少女クララ(またはマーシャ)が人形遣いドロッセルマイヤーからもらったくるみ割り人形は,真夜中ネズミの大軍と戦い不利に陥るが,少女の機転で戦いに勝つ。くるみ割り人形は美しい王子に変身し,少女を雪の国や海底を通ってお菓子の国へと案内する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

くるみ割り人形
くるみわりにんぎょう
Щелкунчик Shchelkunchik 

バレエ。2幕3場。チャイコフスキー作曲。台本は、E・T・A・ホフマン原作の『くるみ割り人形とハツカネズミの王様』をもとにマリウス・プチパが脚色。振付けレフ・イワーノフ。1892年12月6日、ペテルブルグのマリンスキー劇場初演。クリスマスの夜、少女クララの家で盛大な祝宴が開かれ、名付け親はクララにくるみ割り人形を贈る。祝宴が終わり、クララはくるみ割り人形がハツカネズミの軍隊と戦っている夢をみる。くるみ割り人形は突然王子に変身し、クララをいろいろな国に連れていってくれる。お菓子の国で金平糖(こんぺいとう)の精が歓迎のパ・ド・ドゥを踊り、次から次へとディベルティスマンが展開される。このバレエにはたくさんの改訂版があるが、ボリショイ劇場のグリゴロービチ版などが日本でも親しまれている。世界各国のバレエ団は12月になるとクリスマスにちなんで上演することが多い。
 なお、今日親しまれている同名の舞踊組曲((1)小序曲、(2)行進曲、(3)こんぺい糖の踊り、(4)トレパック、(5)アラビアの踊り、(6)中国の踊り、(7)あし笛の踊り、(8)花のワルツ)はチャイコフスキー自身によって編まれたもので、バレエ初演より先の1892年3月15日、彼の音楽会で初演された。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のくるみ割り人形の言及

【バレエ音楽】より

…しかし,舞踊の因襲的な技法が自由な音楽表現の束縛となり,一級の作曲家たちはバレエ音楽に創作意欲を示さなかった。パリにおけるドリーブの《コッペリア》(1870)と《シルビア》(1876),モスクワにおけるチャイコフスキーの《白鳥の湖》(1876),ペテルブルグにおける同じ作曲家の《眠れる森の美女》(1890)と《くるみ割り人形》(1892)の成功は,この通念を打開し20世紀のバレエ音楽への道を開いた。 1910年代から20年代にかけて,ディアギレフの主宰する〈バレエ・リュッス〉のために,現代音楽の新しいイズムをもったバレエ音楽が相次いで創造される。…

【レコード】より

…管弦楽は機械録音のもっとも苦手とする分野で,録音能力と収録時間の制約から,編成も長さも簡略化された。大規模な管弦楽のしかも組物のレコード(H.フィンク指揮,ロンドン・パレス・オーケストラによるチャイコフスキーの《くるみ割り人形》,オデオン盤)は09年に初めて出された。最初の交響曲録音(指揮者不明のオデオン弦楽オーケストラによるベートーベンの《運命》と《田園》,オデオン盤)は13年であった。…

※「くるみ割り人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

くるみ割り人形の関連キーワード東京バレエ団オネーギンバレエスキージュエルズチャイコフスキー・パ・ド・ドゥチャイコフスキー、光と影テーマとヴァリエーションチャイコフスキー記念東京バレエ団チャイコフスキー国際音楽コンクールチャイコフスキー記念モスクワ音楽院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くるみ割り人形の関連情報