コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシレフスキー ワシレフスキーVasilevskii, Aleksandr Mikhailovich

2件 の用語解説(ワシレフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシレフスキー
ワシレフスキー
Vasilevskii, Aleksandr Mikhailovich

[生]1895
[没]1977.12.5.
ソ連の軍人。第2次世界大戦末期の 1945年8月9日,満州の日本軍を奇襲したソ連極東軍の総司令官。帝政軍予備中尉を経たあと,17年レニングラード革命軍事委員として,国内戦に参加。 37年赤軍参謀大学卒業,41年参謀次長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワシレフスキー
わしれふすきー
Александр Михайлович Василевский Aleksandr Mihaylovich Vasilevskiy
(1895―1977)

ソ連の軍人。第一次世界大戦に将校として参加し、1918年に赤軍入隊。1937年に赤軍参謀大学を卒業して参謀本部に入り、翌1938年共産党に入党した。第二次世界大戦中、優れた軍事作戦家として参謀次長(1941)、同総長兼国防人民委員代理(1942)に任命され、スターリングラード作戦やクルスク作戦で有名となった。1943年に元帥。1945年6月、日本軍との戦争準備のため極東ソ連軍司令官に任命。戦後はふたたび参謀総長、軍事大臣(1949)、陸軍大臣(1950~1953)、国防大臣第一代理(1953~1957)などを務めた。第19回(1952)と第20回(1956)党大会で党中央委員に選出されている。[藤本和貴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワシレフスキーの関連キーワード深刻小説日清戦争磁鉄鉱系列観念小説文芸倶楽部スイス文学永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone