コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシーリー・ブラジェンヌイ大聖堂 ワシーリー・ブラジェンヌイだいせいどうSvyatoy Vasily Blazhenny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシーリー・ブラジェンヌイ大聖堂
ワシーリー・ブラジェンヌイだいせいどう
Svyatoy Vasily Blazhenny

ロシア,モスクワ赤の広場南側にある聖堂。現在は博物館でポクロフスキー・ソボールの名で知られる。ロシア皇帝イワン4世が戦勝を記念して奉献した聖堂で,建築家ポスニークとバールマによって 1554年に起工され,1560年に完成した。集中式の平面をもち,外観は高い八角形の尖塔を中心に,礼拝堂本体が形成する 4本の多角塔およびその間に立つ 4本の円塔など九つの塔が林立するユニークな構成である。塔にはひとつひとつ異なる意匠が施されたタマネギ形のドームが載り,外面に多様な色彩が施されている。一部は 17世紀に完成されたが,16世紀のロシア集中式聖堂建築(→集中式建築)の帰結を示す作例として重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワシーリー・ブラジェンヌイ大聖堂の関連キーワードロシア建築

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android