コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集中式建築 しゅうちゅうしきけんちくZentralbau; central building

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集中式建築
しゅうちゅうしきけんちく
Zentralbau; central building

中心点または中心となる空間のまわりに従属的な空間が対称かつ均等に配置される建築。平面では,円,正方形正多角形が基本となり,中央部の屋根にはドームが採用されることが多い。機能をこえるその象徴的な形態のため小宇宙のイメージを描き出すものとして,古代では聖なる空間の創成に用いられた。キリスト教文化圏では,集中式建築は主としてビザンチン建築において発展,ギリシア十字形平面や八角形平面がドームと結合して集中的空間を構成した。イスタンブールハギア・ソフィアはその代表例。次いで空間の均衡を尊重したルネサンスにいたって集中式建築への関心が再度高まり,多くの建築家がさまざまな構想を生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集中式建築の関連キーワードサンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ]ワシーリー・ブラジェンヌイ大聖堂初期キリスト教建築アルメニア美術アーヘン大聖堂ブラマンテ中心点

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android