帰結(読み)きけつ

精選版 日本国語大辞典「帰結」の解説

き‐けつ【帰結】

〘名〙
① (━する) いろいろな議論や行動などが最後におちつくこと。また、そのおちついた所。着。帰着
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「事を知るための目的帰結(〈注〉ククリ)あるべきを要す」 〔福恵全書‐蒞任部・文移諸式〕
② ある事態を理由として、それから結果として現われる状態。または一定の仮定から推理によって導き出されてくる結論。→推理②。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「帰結」の解説

き‐けつ【帰結】

[名](スル)
最終的にある結論・結果に落ち着くこと。また、その結論・結果。「議論百出したが、結局同じところに帰結した」
consequence》哲学で、ある事柄を原因または理由として、そこから結果として出てくる事態。また、仮定もしくは前提から推論によって導き出される結論。⇔理由
[類語]帰着帰趨帰する結果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android