コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワステカ族 ワステカぞくHuastec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワステカ族
ワステカぞく
Huastec

メキシコ東部,ベラクルス州およびサンルイスポトシ州に住むマヤ語系の一民族。人口約 15万と推定される。他のマヤ族とは地理的に離れ,言語的近縁関係も薄く孤立した存在である。かつては独自のワステカ文化を生み出した。中央アメリカに広く信仰されたケツァルコアトル神は,もともとワステカ文化の神であったという。葬制儀礼などはマヤ文明との共通性もみられる。 1950年頃からの都市化と近代化現象のなかで,ワステカ語人口も急減し,伝統的文化は失われようとしている。トウモロコシ農耕を主とするが,コーヒー,リュウゼツラン (竜舌蘭) など換金作物生産の比重が高くなっている。工芸品の刺繍が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワステカ族の関連キーワード古代都市エル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android