コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜舌蘭 リュウゼツラン

2件 の用語解説(竜舌蘭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうぜつ‐らん【竜舌×蘭】

リュウゼツラン科の常緑多年草。葉は根元から叢生(そうせい)し、長さ1~2メートル、剣状で肉が厚く、縁にとげがある。開花は約60年に一度という。高さ7~8メートルの花茎を伸ばし、黄緑色の花を円錐状につけて咲き、結実後枯れる。メキシコの原産。アオノリュウゼツランともいい、狭義には葉に白または黄色の縁どりのあるものをさす。観賞用。 夏》「―朝焼雲は洋に立つ/草田男
リュウゼツラン科アガベ属の植物の総称。南北アメリカに分布。メキシコでは茎などの汁からテキーラプルケなどの酒を造り、熱帯地方では葉の繊維を利用して織物や綱を作る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうぜつらん【竜舌蘭】

リュウゼツラン科アガベ属の大形多年草。メキシコ原産。葉は多肉質で多数根生し、長さ1.5メートルほどの剣形、白または黄色の縞しまがある。一稔植物で、発芽後、数年~十数年で大形の花序をつけ、結実後全草が枯れる。葉の繊維で織物を作り、またしぼり汁でテキーラを醸造する。アガベ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜舌蘭の関連情報