コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットプノン ワットプノンWat Phnom

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットプノン【ワットプノン】
Wat Phnom

カンボジアの首都プノンペンのシンボルとなっている仏教寺院。言い伝えによれば、14世紀末にペンという名の貴婦人がメコン川の岸に流れ着いた仏像を見つけ、その仏像を安置するために1434年に近くのに建てた寺院が、この寺の始まりで、その丘の名前はプノンペン(ペン婦人の丘)と呼ばれるようになり、これがのちに町の名前となり今日の首都の名前になったといわれている。◇「ワットプノン」は「丘の寺」という意味。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐プノン(Wat Phnom)

カンボジアの首都プノンペンにある仏教寺院。14世紀後半に建立。名称は「丘の上」を意味し、プノンペンで最も高い丘の上に位置する。タイ軍の侵略を受けてアンコールを放棄し、この地に遷都したポニャー=ヤット王の遺灰を納める。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android