コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット・マハーダトゥ Wat Mahādhātu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワット・マハーダトゥ
Wat Mahādhātu

タイ,ロッブリーにある仏教寺院址。 13世紀後半の造営とされ,クメール建築の影響を受けつつロッブリーを中心として発展した,タイ建築の最も初期の形式 (ロッブリー形式) の代表的遺構。プランはマンダパ (前殿) とシカラ (高塔) をもつ一般的なインドの寺院建築の形式をとり,外観はアンコール・ワットの塔を思わせる砲弾形の塔がそびえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android