コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワトル wattle

翻訳|wattle

世界大百科事典 第2版の解説

ワトル【wattle】

マメ科の主としてモリシマアカシアAcacia mollissima Willd.(英名black wattle)の樹木,またはそれからとったタンニンをいう。樹皮を熱水で煮だし,水分を除くと,エキスが残る。収率は30~40%。エキスのタンニン含量は70~80%にも及ぶ。南アフリカ共和国が世界のワトル生産のほとんどすべてを賄う。ワトルは動物の皮をなめすのに使われるだけでなく,化学的に変性して,接着剤,貯水池の浄化剤などにも使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ワトルの関連キーワードイスタシワトル=ポポカテペトル国立公園アメリカインディアン諸語イスタクシワトル[山]ユート=アステカ語族イスタクシワトル火山ポポカテペトル[山]アステカ=タノ語族イスタシワトル火山ポポカテペトル火山モクテスマ(1世)ラテンアメリカ文学シエラ・マドレ山脈ナーズム・ヒクメトテオティワカン文化ケツァルコアトルオーストラリアメキシコ(市)チャプルテペクトラコタルパンアズテク諸語