コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワヒグヤ Ouahigouya

デジタル大辞泉の解説

ワヒグヤ(Ouahigouya)

ブルキナファソ北部の都市。首都ワガドゥーグーの北西約180キロメートルに位置する。綿花集散地牧畜が盛ん。18世紀半ばに建設され、モシ族による北部モシ王国の都が置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワヒグヤ

ブルキナ・ファソの北部の町。マリとの国境近くに位置する。同国中北部の最大の町で,周辺からの道路が集まっている。牧畜の中心地で,シアーナッツ,綿花が輸出用に作られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ワヒグヤの関連キーワードブルキナ・ファソ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android