コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワビスケ わびすけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワビスケ
わびすけ / 佗助・佗介
[学]Camellia wabisuke Kitam.

ツバキ科の常緑低木。ツバキと他種との雑種といわれている。葉はツバキよりやや小さく、花は半開のらっぱ状で小さく径2~3センチメートル、花期も一般に早い。雄しべは退化しており、子房に毛がある。学名の基準にしたものは花が白色のシロワビスケ(白佗介)であるが、江戸時代中期からワビスケといわれるものは花が淡紅色で白斑(はくはん)があり、コチョウワビスケ(小蝶佗介)ともいうものである。名は、佗(わび)と好(すき)(数奇)の複合で、茶花に用い、庭木として観賞する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワビスケの言及

【ツバキ(椿)】より

… ツバキ類はヤブツバキやユキツバキから直接由来した品種だけでなく,起源のよくわからないものや雑種起源の種も分化している。子房に毛のあるワビスケ群は30余種あるが,これらは太郎冠者(たろうかじや)に起源をもつ実生品種と考えられている。しかし,太郎冠者自身の来歴はまだなぞに包まれている。…

※「ワビスケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ワビスケの関連キーワード散華乙女の記念樹小林義雄侘助椿椿

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android