ワルキュルヤ(英語表記)Valkyrja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルキュルヤ
Valkyrja

北欧神話のオーディンに仕える戦いの乙女たち。その名は「殺された人々の選択者」の意。人間界の戦争で勇敢な戦死者がでるとオーディンの命令により戦場に行き,アスガルズに彼らを連れてくる役目をもつ。駿馬に乗って空を駆けるか,あるいは白鳥の姿で空を飛んでいるとも考えられ,身に着ける鎧 (よろい) の発する光が北極光であるとされる。英雄の妻や恋人になるワルキュルヤもいるが「古エッダ」ではフィン族の3人の王子が3人のワルキュルヤを妻にしたとされている。白鳥の姿で飛んでいたとき,疲れてスウェーデン王ニズズの領地で休み,湖辺で亜麻を織っていたところを3人の王子に捕えられ,7年間3組の夫婦は幸福に暮した。だが,8年目に妻たちは地上生活に飽き,夫の留守の間に飛び去ったという。彼女たちは戦士の運命や戦いに密接に関係しているため,ノルンとも結びつけられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android