ワルター・カール ノダック(英語表記)Walter Karl Friedrich Noddack

20世紀西洋人名事典の解説


1893.8.17 - 1960.12.7
ドイツの化学者。
元・フライブルク大学教授,元・ストラスブール大学光化学研究所長。
ベルリン生まれ。
ベルリン大学で学び、1935年フライブルク大学教授、’41年ストラスブール大学光化学研究所長を兼務した。この間’25年には後に妻となるタッケと共同で、X線法によりレニウムマスリウム(その後確認されなかったため、43番元素テクネチウムとされる)を発見した。多くの鉱物を分析し、全ての鉱物は全ての元素を含むとする元素普存則を述べた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android