コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルダ ワルダWardha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルダ
Wardha

インド西部,マハーラーシュトラ州東部の都市。ワルダ県の行政庁所在地ナーグプル南西約 64km,ワルダ川 (ゴダバリ川の支流) 北岸に位置。交通の要地で,綿花の集散・加工地。 1933年マハトマ・ガンジーがアシュラム (道場) に滞在し,断食で衰えた身体を回復させながら糸車による綿花の加工を指導。現在このアシュラムはガンジー主義道場となっている。人口 10万 2974 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワルダの関連情報