コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルダ Wardha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルダ
Wardha

インド西部,マハーラーシュトラ州東部の都市。ワルダ県の行政庁所在地。ナーグプル南西約 64km,ワルダ川 (ゴダバリ川の支流) 北岸に位置。交通の要地で,綿花の集散・加工地。 1933年マハトマ・ガンジーがアシュラム (道場) に滞在し,断食で衰えた身体を回復させながら糸車による綿花の加工を指導。現在このアシュラムはガンジー主義道場となっている。人口 10万 2974 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワルダの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)バタイユ(Georges Bataille)ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団のど(咽頭、喉頭)のしくみとはたらきスリ・ジャヤワルダナプラ・コーッテスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテナーシーフ・アル・ヤーズジイスリジャヤワルダナプラコッテ未来環境防衛隊ドラゴンマンシュレージエン織工一揆ワルダイエルの咽頭輪ウォード スイングルフィンスターワルダージョルジュ バタイユシュレジエン織工一揆コウテ・アシュロウスリランカの要覧ファルケンハインマジャパヒト朝エコンドライト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android