コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークロード管理 わーくろーどかんり

1件 の用語解説(ワークロード管理の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワークロード管理

ワークロード管理は、システムパフォーマンスを適正な状態に保つための管理のこと。仮想システム環境においては、個々の仮想マシンへのリソース配分がワークロード管理の核となる。たとえば、2つの仮想マシンとサービスを提供するサーバーの片方の仮想マシンに処理が集中した場合、もう片方の処理に余裕があれば、CPUハードディスクへのアクセスといったリソースを回す動的管理ができる。ただ、他方のサービスの優先度が高ければ、むやみにリソースを配分し直すことは危険でもある。そうした事情を勘案し、また、仮想マシンが高負荷となった場合、何がボトルネックとなっているかを分析し、どのリソースをどの程度配分するかを事前に決定し、設定しておくことが不可欠になる。同時に、日々の変化を適切に把握しておくことが、ワークロード管理の基本となる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワークロード管理の関連情報