ワールブルク学派(読み)ワールブルクがくは

百科事典マイペディアの解説

ハンブルクのワールブルク文庫(A.ワールブルクの私設図書館)およびロンドンのウォーバーグ(ワールブルクの英語読み。1934年以降)研究所の周囲に形成された学派。A.ワールブルクの独自の〈文化科学〉の構想に共鳴する多様な学者が集った。イコノロジーは同学派によって発展をみたが,出発点から美術史に限定されない広範な領域――古代学,東洋学,思想史,科学史など――を包摂していたことが特筆される。主要な研究者は以下の通り。ハンブルク時代――カッシーラーパノフスキー,リッター,ライツェンシュタイン,リーベシュッツ,ウィラモーウィツ・メレンドルフ,ザクスルウィント,クリバンスキー。ロンドン時代――ゴンブリッチ,ウィトカウアー,フランクフォート,ヒンクス,プラーツ,セズネック,A.ブラント,F.A.イェーツウォーカー,バクサンドール,スクリーチ。
→関連項目ギンズブルグシャステルバルトルシャイティス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android