一を知って二を知らず(読み)いちをしってにをしらず

  • いち
  • を 知(し)って二(に)を知(し)らず

精選版 日本国語大辞典の解説

(「荘子‐天地」の「孔子曰、彼仮修渾沌氏之術者也、識其一、不其二。治其内而不其外」による) 一方だけを知って、他方を知らない、狭い見解をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

あることの一面だけは知っているが、ほかの面については知らない。見識が浅いこと。

[使用例] 人は夢を見るものなり、思いも寄らぬ夢を見るものなり、〈〉夢ならばと一笑に附し去るものは、一を知って二を知らぬものなり[夏目漱石*人生|1896]

[由来] 「荘子―天地」の一節から。世間から離れて自然のままの暮らしを送っている人のことを、「の一をりて其の二を知らず(自然のままの心を取り戻すことの大切さは知っているが、その上であえて世間の中で生活することの重要さは知らない)」と評価しています。見かけだけの隠者に対する、痛烈な批判です。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android