一仏世界(読み)いちぶつせかい

精選版 日本国語大辞典「一仏世界」の解説

いちぶつ‐せかい【一仏世界】

〘名〙 (eka-buddha-kṣetra の訳語) 語。一体の仏が衆生を導いて、さとりに入らせる、その教化の領域。一仏土。
※栄花(1028‐92頃)音楽「東西南北の御堂御堂、経蔵、鐘楼まで影写りて、一仏世界と見えたり」 〔大智度論‐六二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一仏世界」の解説

いちぶつ‐せかい【一仏世界】

仏語。一体の仏が衆生を導いて悟りに入らせる、その仏の領域。一仏国土。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android