一体式構造(読み)いったいしきこうぞう(英語表記)monolithic construction

世界大百科事典 第2版の解説

いったいしきこうぞう【一体式構造 monolithic construction】

柱,(はり),など建物全体を連続する一体の構造物とするもの。可塑的な材料を鋳型(型枠)に注入し成形することによって造られるものなので,原理的にはプラスチックガラス粘土,鋳アルミなどによる一体式構造も可能である。しかし,居住性,耐震性,耐火性,耐久性,保守などの性能上の条件と,材料の生産,入手,作業現場での施工・管理のしやすさ,確実さなど生産上の条件を考慮すると,一般的には鉄筋コンクリート造などの現場打ちコンクリートによる構造物を指すことになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の一体式構造の言及

【建築構造】より

…目地部に鉄筋とコンクリートを入れた補強コンクリートブロック造は鉄筋コンクリートの臥梁(がりよう)(壁式鉄筋コンクリート造のはりや壁梁などに相当するもの)や床スラブと併せて用いるとかなりの耐震性を期待することができる。(3)一体式構造 建物全体が一体となって鋳造されるもの。鉄筋コンクリート造,鉄骨鉄筋コンクリート造などの現場打ちコンクリート系の構造がこれに属する。…

※「一体式構造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android