コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一厘事件 いちりんじけん

1件 の用語解説(一厘事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一厘事件
いちりんじけん

たばこ耕作者である被告人が,旧たばこ専売法により政府に納付すべき葉たばこ7分 (2.6g) ,価格にして1厘のものを手刻みにして消費し,同法違反に問われた事件。大審院は 1910年 10月 11日,原審の有罪判決をくつがえし,無罪を言い渡した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一厘事件の言及

【可罰的違法性】より

…処罰に値する程度の実質的な違法性。日本において,宮本英脩が価額1厘の葉タバコを耕作者が勝手に消費した行為を不可罰とした一厘事件判決(1910)を手がかりに提唱した考え方で,具体的には,行為がたとえ法規に違反し,形式上違法ではあっても,それが軽微であれば不可罰であるとする。第2次大戦後は,主として公安・労働事件の判例で用いられ,多くの無罪判決を生んだ。…

※「一厘事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一厘事件の関連キーワードたばこ税タバコ切りタバコ銭寝タバコタバコ税巻タバコ水タバコ無煙タバコタバコ専売たばこ専売法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone