コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一大事因縁 イチダイジインネン

デジタル大辞泉の解説

いちだいじ‐いんねん〔‐インエン〕【一大事因縁】

仏語。仏がこの世に現れた最も大切な目的。あらゆる人々を導き、生あるものすべてを救うという目的。
悟りを開くきっかけ。
「この薄(すすき)をいぶかしく思ひけるやうに、―をぞ思ふべかりける」〈徒然・一八八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちだいじいんねん【一大事因縁】

〘仏〙 仏は衆生を救うためにこの世に出現し、それによって衆生が成仏するという因縁。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一大事因縁の関連キーワード仏語衆生

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android