授記(読み)じゅき(英語表記)vyākaraṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

授記
じゅき
vyākaraṇa

仏教の経典をその内容,形式に基づいて分類した十二部経のなかの一つ。元来は,質問事項に対する釈尊の解説を意味したが,だれそれが完全な悟りを得るであろうというような,釈尊による予言をさす言葉となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅき【授記】

〘仏〙 仏が弟子に成仏の予言をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

授記
じゅき

仏教用語。もとは、ある教説を分析し、あるいは問答体を用いて解説すること。のちには、仏陀(ぶっだ)が個々の比丘(びく)の死後の運命について語った予言の意味。その後、一般には主として将来の成仏(じょうぶつ)の証言の意味となり、過去世における釈尊の燃燈(ねんとう)仏からの授記、弥勒菩薩(みろくぼさつ)の釈尊からの授記、法蔵(ほうぞう)比丘(後の阿弥陀仏(あみだぶつ))の世自在王仏からの授記などが著名である。[坂部 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の授記の言及

【預言(予言)】より

…一方ある人物が菩薩として転生をかさねながら修学をつむうち,遂には仏となるであろうと諸仏が予言するかたちは,大乗仏教になってから発達した思想である。この予言は漢訳経典では〈授記〉または〈受記〉〈記別〉〈記〉などと訳される。初期のビヤーカラナには釈迦が行う〈授記〉と,釈迦にその資格を認められた者が,定められた規準(〈法鏡〉という)にてらしてみずから行う〈自記〉とがあった。…

※「授記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android