コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宗構 イッシュウカマエ

デジタル大辞泉の解説

いっしゅう‐かまえ〔‐かまへ〕【一宗構】

江戸時代、僧尼が所属の宗門から追放されること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっしゅうかまえ【一宗構】

江戸時代、僧尼が処罰されて所属の宗派から除名されること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一宗構の言及

【構】より

…日本国外追放を日本国構と称したことなどは前者の例であるが,後期幕府法においては,刑名はおもに追放,払(はらい)の語を用い,立入り,居住制限区域をとくに御構場所(おかまいばしよ)と呼んでいた。一方団体・社会関係からの排除として《公事方御定書》には,僧尼の閏刑で追院,退院より重い一宗構(所属宗旨からの追放),および一派構(宗旨中の所属宗派からの追放)の刑名がある。さらに武家が家中に科する刑罰的処分に奉公構があった。…

※「一宗構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一宗構の関連キーワード江戸時代宗派

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android