コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一定文八 いちじょう ぶんぱち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一定文八 いちじょう-ぶんぱち

1823-1910 幕末の尊王家。
文政6年9月12日生まれ。淡路(あわじ)(兵庫県)三原郡市村の人。文久3年廃帝淡路公(あわじのきみ)の諡号(しごう)請願を巡視中の徳島藩主嗣子蜂須賀正韶(はちすか-まさあき)に直訴し,投獄される。釈放後も長州落ちした七卿にはたらきかけたという。維新後の明治3年淡路公に淳仁(じゅんにん)天皇の諡号がおくられ,三原郡の墓が山陵とされた。明治43年8月21日死去。88歳。名は豊久。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一定文八の関連キーワードミツケーウィチウェーラー科学史コスタリカラグビー(フットボール)新聞小説日本の医学史(年表)荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルト

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android