山陵(読み)さんりょう

精選版 日本国語大辞典「山陵」の解説

さん‐りょう【山陵】

〘名〙
① 山と丘。小高い所。丘陵。山地。〔礼記‐王制
② 君主の墓。帝王の墓。天皇・皇后などの墓。みささぎ。御陵
※続日本紀‐文武二年(698)正月庚辰「遣直広参土師宿禰馬手、献新羅貢物于大内山」 〔水経注‐渭水〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「山陵」の解説

さん‐りょう【山陵】

山と丘。
君主の墓。天皇皇后などの墓。みささぎ。御陵。
[類語]御陵陵墓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「山陵」の解説

【山陵】さんりよう

丘陵。また、天子の陵墓。〔戦国策、秦五〕王の春秋高し。一日山陵れなば(死をいう)、太子事を用ひん。君、累卵(るいらん)よりもく、生(てうせい)(木槿)よりも壽ならず。

字通「山」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の山陵の言及

【陵墓】より

…皇室典範第27条には〈天皇,皇后,太皇太后,皇太后を葬る所を陵,その他の皇族を葬る所を墓〉と定義する。(1)陵 〈みささぎ〉と読み,御陵(ごりよう),山陵(さんりよう)ともいわれ,各陵には陵名が付けられている。現在の陵は歴代天皇121名111陵のほかに,北朝の天皇,皇后,中宮,天皇または太上天皇の称号をおくられた者,皇后,皇太后,太皇太后の称号をおくられた者,神代3代など82名の74陵がある。…

※「山陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android