一家眷族(読み)いっかけんぞく

四字熟語を知る辞典の解説

家族と血縁者。家族全体。一族。

[使用例] 作品化したことで、かえって一家眷属のあいだに再確認された事実として流布されてしまった、といえるだろう[平野謙*島崎藤村|1946~56]

[使用例] 春とはいえ寒波が襲った肌寒い日に一家眷族、つまり父と母、彼夫婦と息子、弟夫婦に姪と甥が八畳間に集った[加賀乙彦*雨の庭|1971]

[解説] 「眷族」は血のつながっている一族の意味で、日本では従者、配下の者の意味にも用い、「眷属」とも書きます。

[類語] さいけんぞく

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報