一弾指(読み)いちだんし

  • いったんじ

大辞林 第三版の解説

指を一度はじく程度のわずかな時間。一弾指頃きよう。いったんじ。 -の間 うれしとおもふ-の間に、口張りあけて笑はずば、後にくやしくおもふ日あらむ/うたかたの記 鷗外
いちだんし一弾指

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「いちたんじ」「いったんじ」とも) 仏語。指を一度はじくこと。転じて、一度指をはじくほどのきわめて短い時間。瞬間。一弾指頃(しきょう)。いったんじ。
※正法眼蔵(1231‐53)出家功徳「一弾指のあひだに、六十五の刹那生滅す」
※野分(1907)〈夏目漱石〉一一「明治の四十年を〈略〉ずっと遠くから見ると一弾指の間に過ぎん」 〔順正理論‐三一〕
〘名〙 =いちだんし(一弾指)日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android