コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一役買う ヒトヤクカウ

デジタル大辞泉の解説

一役(ひとやく)買・う

一つの仕事の中で、ある役割を進んで引き受ける。「新党結成に―・う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとやくかう【一役買う】

自分から進んで一つの役目や役割を引き受ける。 「新総理誕生に-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一役買うの関連キーワードみなべ・田辺の梅システムグレープフルーツレス マッキャン滝川クリステル伝統的工芸品御輿を担ぐ市民記者箕作佳吉藤原道兼買う一役役目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一役買うの関連情報