一擲千金(読み)イッテキセンキン

大辞林 第三版の解説

いってきせんきん【一擲千金】

〔呉象之 少年行
一度に惜し気もなく大金を使うこと。気前のいいこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いってき‐せんきん【一擲千金】

〘名〙 (「擲」は投げ出すの意) 一度に惜しげなく大金を使うこと。豪快なふるまいのたとえ。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「有功の者を賞するには一擲千金も亦た惜む所なし」 〔呉象之‐少年行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android