一文銭(読み)いちもんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般に一文銭といえば,おもに江戸時代の「寛永通宝」の一文をさす。素材真鍮。金銀貨と並び使われたが,最低額の貨幣として,数百種類鋳造され,最も大衆性をもった。明治4 (1871) 年に新貨幣制度になると,新貨一厘銭にあてられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一枚が一文の値を持つ小額貨幣。江戸時代、元文四年(一七三九)までは銅銭であったが、のちには鉄の一文銭も発行されるようになった。
② きわめて少額の銭。
※史記抄(1477)一九「繊嗇とは一文銭をも二文にへぎたう思て酒の一升をも買て」
③ 紋所の名。①の形をしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一文銭の言及

【円】より

…東洋世界での銅銭の原基となった唐の開元通宝(621鋳造)の量目を,宋以降に新たな単位として匁または銭とよんだ。日本の銅銭,和同開珎も寛永通宝も当初量目が一匁のゆえに,これらを一文銭とよぶ。明治政府は補助単位の基本通貨に銅貨をあてることにしたので,中国の故知にならい銭を採用した。…

※「一文銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android