一方通行(読み)いっぽうつうこう

精選版 日本国語大辞典「一方通行」の解説

いっぽう‐つうこう イッパウツウカウ【一方通行】

〘名〙
① 道路の一方向へだけ車両などの通行を許し、反対方向への通行を禁止すること。一方交通
※鏡子の家(1959)〈三島由紀夫〉一「町なかの一方通行の道をぐるぐる廻った」
② 比喩的に、ある一方から他方への伝達だけが行なわれて、その逆の伝達が行なわれないこと。
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉終「全くの一方通行で喋りたいことを喋っていられるのが何より有りがたい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一方通行」の解説

いっぽう‐つうこう〔イツパウツウカウ〕【一方通行】

車両などの通行を道路の一方向に限って許すこと。一方交通。
ある一方からの伝達が行われて、その逆の伝達が行われないこと。「話が一方通行だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android