コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条ふみ(読み)いちじょう ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条ふみ いちじょう-ふみ

1925- 昭和後期-平成時代の農民作家。
大正14年9月7日生まれ。小学生時代に綴方(つづりかた)教育運動の影響をうける。郷里岩手県の山間で農業に従事し,昭和26年文集「ともしび」を創刊。42年農民生活記録文集「むぎ」を創刊。55年北上山脈開拓地に入植著作に「永遠の農婦たち」「東北のおなごたち」「ふみさんの自分で治す草と野菜の常備薬」など。一戸高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android