一条実良(読み)いちじょう さねよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条実良 いちじょう-さねよし

1835-1868 幕末の公卿(くぎょう)。
天保(てんぽう)6年2月28日生まれ。一条忠香(ただか)の子。昭憲皇太后の兄。嘉永(かえい)元年従三位,安政5年権(ごんの)大納言。文久2年新設の国事御用掛に就任し,横浜港の閉鎖などを建言する。慶応3年9月右大臣にすすみ,大政奉還に関与し,11月辞任,従一位。12月王政復古の大号令が発せられ,公武合体派であることを理由に参内を停止された。慶応4年4月24日死去。34歳。法号は華厳光寺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android