コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜港 よこはまこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横浜港
よこはまこう

神奈川県東部,横浜市東京湾岸に連なる港湾。首都東京の外港,京浜工業地帯の主要港として,荷扱い高は日本第1位である。港域は北は川崎市との境である境運河から,南は横須賀市夏島町地先までと,市の海岸線のほぼ全域に及ぶ。中央は商業港区で瑞穂埠頭,新港埠頭,大桟橋埠頭,山下埠頭,本牧埠頭などの公共埠頭があり,北東部と南部は工業港区で多数の企業専用埠頭がある。江戸時代末の開港以来,東日本最大の港として西の神戸港と並んで発展を続け,特に絹の輸出では独占的地位にあった。また外国航路の発着点としてもにぎわった。関東大震災をきっかけに東京港が開かれ,さらに第2次世界大戦の空襲で港湾施設が破壊され,戦後は連合軍に接収されて,地位は低下した。首都圏と京浜工業地帯を控えて,工業原料と食料品の輸入が多いが,1960年代に入ると,重化学工業の発達により原油,鉄鉱石の輸入が増えた。また南部の根岸湾,本牧岬の地先に新たに埋立地が造成されるなどして,工業港の比重が増大。1967年には本牧埠頭に海上コンテナ輸送の基地が設けられた。客船専用の大桟橋埠頭は春と秋には観光クルーズの大型旅客船が入港してにぎわう。山下公園港の見える丘公園横浜ベイブリッジなどの名所,観光地があり,横浜駅東口から桜木町にかけての臨海部には,みなとみらい21地区が広がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

横浜港【よこはまこう】

神奈川県横浜市の港。1859年日米修好通商条約に基づき開港,1872年新橋からの鉄道開通により発展。神戸港とともに日本の二大貿易港で,メリケン波止場と呼ばれる大桟橋をはじめ,瑞穂,高島,新港,山下などの埠頭(ふとう)を中心に,港湾設備が整う。
→関連項目神奈川[県]神奈川[区]東京港東京湾中[区]西[区]横浜[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

横浜港

神奈川県にある港。1951年6月設立。東京湾岸に位置する。港湾管理者は、横浜市。1859年の日米修好通商条約に基づき開港した5つの港のひとつ。神戸港とともに貿易港として発達。国際戦略港湾(2011年4月指定)。港湾区域面積は、7,316ヘクタール。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横浜港
よこはまこう

横浜市にある国際戦略港湾で、東日本の代表的国際貿易港。貿易額は港湾のなかでは名古屋、東京に次いで全国第3位であるが、空港も含めると第4位となっている(2003)。港域は、もとは鶴見川河口から本牧十二天(ほんもくじゅうにてん)の鼻先までの間であったが、第二次世界大戦後は本牧地先、根岸湾、金沢地先などの埋立て事業によって拡張された。港の管理は1951年(昭和26)に国から横浜市に移管されている。
 横浜港は1859年(安政6)6月2日に開港された。当時の港は洲干島(すかんじま)(山手丘陵から続く砂嘴(さし))の北西端の横浜村に設けられた。幕府は、村の中央に運上所(うんじょうしょ)、北の海岸に波止場2か所をつくり、東波止場を外国貿易用、西波止場を内国用とした。翌1860年(万延1)には輸出額320万円、輸入額300万円となり、それらの全国比は輸出86%、輸入71%で、日本の貿易に独占的地位を占めていた。1869年(明治2)に東京へ都が移されると、横浜港はその外港とされ、1880年代からの築港工事はほとんど国費で進められ、大桟橋(客船専用)、新港埠頭(ふとう)(外国貿易用)、高島埠頭(内国用)などが完成し、鶴見・大黒(だいこく)町などに民間埠頭が建設された。これらの諸施設は1923年(大正12)の関東大震災で全壊し、その復興後十数年して第二次世界大戦の戦災によって、ふたたび大被害を受けた。
 第二次世界大戦後は、戦災を免れた港湾施設の大半が占領軍であるアメリカ軍に接収されて、長い間使用できなかった。1952年(昭和27)に接収は解除され、修築・拡張と臨海工業地帯の造成事業が1950年代から1990年代にかけて行われ、現在は商港であるとともに、工業港としての性格ももっている。そして鶴見、大黒、本牧の諸埠頭や根岸湾岸、金沢地先などには工業用地が造成され、石油精製、製鉄、食料品、機械などの大工場や市内中心部の中小工場が進出・移転し、それぞれの専用岸壁や桟橋が設けられた。また、上屋(うわや)・倉庫などの陸上設備の整備、航路・泊地(はくち)の浚渫(しゅんせつ)も行われている。本牧埠頭にはコンテナ専用岸壁がある(1968年フルコンテナ船の第一船入港)。また港湾に密接する陸上交通も整備されている。1989年(平成1)に開通した横浜ベイブリッジは、首都高速道路と直結されて渋滞解消に貢献するだけでなく、みなとみらい21(MM21)地区(1983年着工、1991年桟橋完成)のシンボルである横浜ランドマークタワー(1993年完成)とともに「みなと横浜」の新名所にもなっている。2004年には横浜高速鉄道みなとみらい21線(横浜―元町・中華街)が開通した。
 横浜港の貿易は、開港当初はほかの国内諸港と同じく、外国商社(商館)主導型で、輸出入ともすべてそれらの手を通じてなされる商館貿易で行われていた。これに対して20年間にもわたった日本商社の是正運動と政府の外交交渉によって、明治中期に差別条項が撤廃された。輸出品は、当初は生糸(70%)と茶(20%)で占められ、この傾向は第二次世界大戦前まで続いた。戦後は、金属機械工業品(鉄鋼、自動車、電気機器)、化学工業品、雑工業品が主となり、後背地の産業に結び付いている。現在の輸出品は、自動車およびその部品、産業機械、染料等化学工業品、鋼材などが上位を占めている。輸入品も変遷し、大正期の原料品(綿花、羊毛)、素材(鉄鋼その他)は、戦後は原料品(石油)、食料品(麦類、雑穀、豆)、加工用機械と変化していった。現在は、これらに非鉄金属、電気機器、衣類などが加わっている。
 おもな貿易相手国は、中国、アメリカ、オーストラリア、アジアNIES(ニーズ)など。2003年(平成15)の貿易額は、輸出が6兆0920億円、輸入が2兆8638億円で、日本経済の不況を反映して減少傾向にある。
 外国航路の利用客は、航空機利用の発展に伴い減少傾向をたどり、年数便の観光客船にとどまっている。[浅香幸雄・比佐隆三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の横浜港の言及

【生糸】より

…こうして日本の生糸輸出量は05年にイタリアの生糸生産量を,09年には中国の生糸輸出量をそれぞれ上回り,世界最大の輸出国としての地位を確定した。日本国内で生産される生糸の3分の2ないし4分の3が年々輸出されたが,23年の関東大震災で神戸港の生糸輸出が本格化するまでは,ほとんどの輸出生糸は横浜港経由であった。横浜には,原,茂木,渋沢,小野などの生糸売込問屋が店を構え,荷主から委託された生糸を輸出商(1910年ころから邦商取扱量が外商のそれを凌駕(りようが))へ売り込むとともに荷主に対して資金を融通した。…

【五品江戸廻令】より

…その後,63年11月(文久3年9月)横浜鎖港の方針を打ち出した際,幕府は有名無実となっていたこの法令の厳守を命じ,五品についての江戸問屋の買取り制度を強化した。この結果,横浜港の輸出額は激減した。翌64年の夏,諸外国の圧力で幕府は横浜鎖港方針の放棄を余儀なくされ,10月(元治1年9月)江戸問屋の買取り制度を廃止したため,この法令も実質上は消滅した。…

【横浜[市]】より

…今日でもこの関内地区に県庁,税関をはじめとする官庁や金融機関,貿易・海運関係の商社が立ち並び,横浜の中央業務地区を形成している。
[横浜港と貿易]
 横浜港は明治中期以後近代化が進み,1896年には大桟橋と防波堤が完成し,明治末期に新港埠頭,昭和前期に瑞穂(みずほ)埠頭(現在はアメリカ軍が使用)が造成された。第2次大戦後,アメリカ軍の接収により港湾機能は一時壊滅したが,その後山下埠頭が造成され,高度経済成長期には本牧(ほんもく)の地先にコンテナーバースをもつ本牧埠頭のA~D突堤が建設された。…

※「横浜港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横浜港の関連キーワード神奈川県横浜市中区海岸通神奈川県横浜市中区元町神奈川県横浜市神奈川区ホテル、ニューグランドみなとみらい21地区コクサイエアロマリンクイーン・エリザベス村田正雄(初代)スーパー中枢港湾横浜赤レンガ倉庫横浜マリンタワー大さん橋ホール探偵神宮寺三郎神奈川県横浜市島村蚕種の輸出神奈川[区]野毛山動物園サンタバルカ望月 正義シャイニー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横浜港の関連情報