コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条忠香 いちじょう ただか

2件 の用語解説(一条忠香の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

一条忠香

一條忠香

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条忠香 いちじょう-ただか

1812-1863 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
文化9年2月13日生まれ。一条忠良の4男。昭憲皇太后の父。久我建通(こが-たけみち)の兄。文政3年従三位,安政5年内大臣,6年左大臣。従一位。文久2年新設の国事御用掛に子実良らと就任。養女が徳川慶喜(よしのぶ)の夫人でもあり,将軍継嗣問題では一橋派を支持。公武合体派で,尊攘(そんじょう)派の公家(くげ)と対立した。文久3年11月7日死去。52歳。法号は後大勝寺。日記に「璞記(はくき)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の一条忠香の言及

【煎茶道】より

…中国西湖の水を取り寄せ,淀川に流して茶を煮たというエピソードもある。38年一条忠香の召を受け,その庭前で煎茶を献じ,のち〈煎茶家元〉の染筆を下賜された。 これとほぼ同じころ,京都の御典医小川可進(1786‐1855)も,煎茶家として独立し活躍した。…

※「一条忠香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一条忠香の関連キーワード樋口寿康伏原宣明唐橋在熙清水谷公正千種有政中院通繋沢宣維加藤千年鳥取大武蜂屋光世

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一条忠香の関連情報