一条尊昭(読み)いちじょう そんしょう

  • 一条尊昭 いちじょう-そんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1919- 昭和時代の尼僧。
大正8年3月25日生まれ。平松時厚。大正14年7歳で奈良の中宮寺へはいり13歳で得度。一条実孝の養女となり,昭和19年中宮寺門跡(もんぜき)となる。戦後茶道,華道をおしえる若草塾をひらく。弟子と恋におちて29年出奔,還俗(げんぞく)して平松陽子にもどり30年に結婚。「人間性にめざめ法衣をすてた」門跡として話題となる。熊本県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android