コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条実孝 いちじょう さねたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条実孝 いちじょう-さねたか

1880-1959 明治-昭和時代前期の軍人,華族。
明治13年3月15日生まれ。一条実輝の養子。横須賀鎮守府,第三艦隊各参謀などをへて,大正13年フランス駐在武官・大佐で海軍を退役し,貴族院議員となる。昭和2年大正天皇の大喪使祭官長。3年大日本経国連盟を創設。右翼諸団体の長となり,天皇機関説を攻撃,戦時中は大政翼賛会で重要な位置をしめた。昭和34年12月21日死去。79歳。東京出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一条実孝の関連キーワード一条尊昭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android