コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平松時厚 ひらまつ ときあつ

2件 の用語解説(平松時厚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平松時厚 ひらまつ-ときあつ

1845-1911 幕末-明治時代の公家。
弘化(こうか)2年9月11日生まれ。禁門の変後の処分で出仕停止。慶応3年(1867)ゆるされ,鳥羽・伏見の戦いに従軍し功をたてた。維新後は新潟県知事などをつとめ,明治17年子爵。のち元老院議官,貴族院議員。明治44年8月22日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平松時厚

没年:明治44.8.22(1911)
生年:弘化2.9.11(1845.10.11)
明治時代の華族(旧公家)。戊辰戦争に出陣し,次いで参与,軍防事務局御親兵掛,三河国裁判所総裁宮内権大丞などを歴任。明治3(1870)年6月から5年5月まで新潟県知事,同県令。6年末,英国より帰国して間もない尾崎三良や英国留学の経験を持つ河鰭実文(三条実美の弟)らと,華族に社会的,政治的自覚を促すことを目的とした華族結社通款社を結成。17年子爵。23年元老院議官,次いで貴族院議員となる。<著作>「子爵平松時厚君実歴附十五節」(『史談会速記録』82号)

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平松時厚の関連キーワード九条道孝旧華族公家華族新華族磯貝静蔵岩倉具定島津久芳本多忠鄰三好重臣室町公大

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone