平松時厚(読み)ひらまつ・ときあつ

朝日日本歴史人物事典「平松時厚」の解説

平松時厚

没年:明治44.8.22(1911)
生年:弘化2.9.11(1845.10.11)
明治時代の華族(旧公家)。戊辰戦争に出陣し,次いで参与,軍防事務局御親兵掛,三河国裁判所総裁宮内権大丞などを歴任。明治3(1870)年6月から5年5月まで新潟県知事,同県令。6年末,英国より帰国して間もない尾崎三良や英国留学の経験を持つ河鰭実文(三条実美の弟)らと,華族に社会的,政治的自覚を促すことを目的とした華族結社通款社を結成。17年子爵。23年元老院議官,次いで貴族院議員となる。<著作>「子爵平松時厚君実歴附十五節」(『史談会速記録』82号)

(西尾林太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「平松時厚」の解説

平松時厚 ひらまつ-ときあつ

1845-1911 幕末-明治時代の公家。
弘化(こうか)2年9月11日生まれ。禁門の変後の処分で出仕停止。慶応3年(1867)ゆるされ,鳥羽伏見戦いに従軍しをたてた。維新後は新潟県知事などをつとめ,明治17年子爵。のち元老院議官,貴族院議員。明治44年8月22日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android