コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将軍継嗣問題 しょうぐんけいしもんだい

4件 の用語解説(将軍継嗣問題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

将軍継嗣問題
しょうぐんけいしもんだい

江戸幕府 13代将軍徳川家定は病弱で子がなかったため,その跡目相続をめぐって起った政争。ペリー来航後の難局を控えた時期に,攘夷論の中心であった水戸藩は,藩主徳川斉昭の子で聡明の聞えの高い一橋慶喜 (→徳川慶喜 ) を推したが,これに対して彦根藩主井伊直弼を中心とする幕閣は,血統論から紀州の徳川慶福 (→徳川家茂 ) を推した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

将軍継嗣問題【しょうぐんけいしもんだい】

江戸幕府末期,13代将軍徳川家定の継嗣をめぐる紛争。12代家慶(いえよし)没後,病弱な13代家定の継嗣問題が切実となる。家慶は生前,英明の聞こえ高い一橋慶喜(水戸藩主徳川斉昭の子)に期待していたが,断を下さずに没した。
→関連項目安政の大獄岩瀬忠震西郷隆盛伊達宗城徳川慶喜橋本左内堀田正睦明治維新山内容堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぐんけいしもんだい【将軍継嗣問題】

江戸幕府の末期,13代将軍徳川家定の継嗣をめぐる紛争。12代家慶(いえよし)がペリー初度来航の1853年(嘉永6)に死ぬと,次の家定は病弱で非常時の将軍にふさわしくないうえに子供がないため,継嗣問題が切実になった。家慶は生前,水戸の徳川斉昭(なりあき)の第7子を愛して一橋家の養子に入れていたが,実子の家定を廃してその一橋慶喜(よしのぶ)を後継者と決めるほどの勇断は下せないまま世を去った。越前藩主松平慶永(よしなが),薩摩藩主島津斉彬(なりあきら)らが,この一橋慶喜を擁立する運動を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

将軍継嗣問題
しょうぐんけいしもんだい

ペリー来航直後に就任した13代将軍徳川家定(いえさだ)(在位1853~58)の継嗣決定をめぐる政争。一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)・紀州徳川慶福(よしとみ)両擁立派が対立して政治問題化し、安政(あんせい)の大獄の一原因となった。家定は生来虚弱で子がなく政務も老中任せであったため、継嗣決定を望む声が強く、水戸前藩主徳川斉昭(なりあき)の子慶喜と家定の従兄弟(いとこ)にあたる慶福の2人が候補者に擬せられた。松平慶永(よしなが)は島津斉彬(なりあきら)ら有志大名と図り、海防掛の旗本岩瀬忠震(ただなり)らの支持のもと、年長で英明な慶喜をあげて幕府の基礎を固め、そのもとに雄藩明君を結集した統一体制を樹立して内外多難の問題を解決せんと図り、老中阿部正弘(まさひろ)の暗黙の了解を得ていた(一橋派)。一方、譜代(ふだい)大名の筆頭井伊直弼(いいなおすけ)は、将軍相続に第三者が介入することは秩序の破綻(はたん)を招くとの考えのもとに、血統近く家定自身も支持する慶福こそふさわしいとして一橋派に激しく対抗した(南紀派)。1858年(安政5)両派ともそれぞれ謀臣橋本左内(さない)、長野主膳(しゅぜん)(義言(よしとき))を京都へ送り、朝廷の有利な言辞を得ようと奔走したが、4月井伊大老の出現によって6月25日慶福(家茂(いえもち))決定の発表がなされた。7月5日慶永ら一橋派大名は隠居謹慎となり、海防掛の幕吏も次々に処罰された。この問題は、これまで国政の動向にかかわりをもたなかった親藩・外様(とざま)有志大名が発言権を求めた運動として評価される。[山口宗之]
『文部省維新史料編纂事務局編『維新史』(1939~41・明治書院) ▽渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(1918~31・竜門社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の将軍継嗣問題の言及

【安政の大獄】より

…多数の逮捕者と処刑者が出た。
[原因]
 大獄の原因となったのは,将軍継嗣問題条約勅許問題とをめぐる領主階級内部の政争である。1853年(嘉永6)に13代将軍となった徳川家定は,このときすでに30歳であったが1人の子女もなく,また政務をとる能力に欠けていた。…

【井伊直弼】より

…1850年(嘉永3),長兄直亮の死により13代彦根藩主となった。この時期の幕政の重要問題は,開国の可否と将軍継嗣問題とであった。直弼は鎖国の維持を望んでいたが,外国と戦って鎖国を守りぬくことが不可能である以上,当面は開国せざるをえないという立場に立った。…

【徳川慶喜】より

…家慶には実子の家祥(家定)を廃して,慶喜に後を継がせるつもりがあったと想像される。しかしその措置を講ずる余裕がないままペリー来航の恐慌状態下に家慶が死ぬと,13代将軍となった家定の後嗣をめぐって大きな政争が起こり,慶喜は改革派の大名や幕臣から能力ある将軍候補として推され,保守血統主義派にかつがれた紀州の慶福(よしとみ)(家茂)と対立関係に入った(将軍継嗣問題)。この政争は家定の意志と井伊直弼の登場とによって紀州派が勝利し,慶喜は安政の大獄の一環として隠居謹慎の処分を受けた。…

【松平慶永】より

…ペリー来航後,斉昭と親しく親戚でもあった老中阿部正弘に盛んに意見上申し,国政参加への意欲をみせた。将軍家定が凡庸多病のため,外圧に対処し国内体制を固めるには英明な将軍擁立を第一とする見解に立って,島津斉彬(なりあきら),山内豊信(とよしげ)(容堂),伊達宗城(むねなり)らと連絡し,橋本左内の補佐のもと一橋派運動に努力した(将軍継嗣問題)。しかし紀州慶福(家茂)を推す大老井伊直弼のため1858年(安政5)隠居謹慎の処分をうけ,左内も安政の大獄で刑死した。…

※「将軍継嗣問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

将軍継嗣問題の関連キーワード江戸幕府上覧相撲徳川足し高天璋院徳川(一橋)慶喜幾島歌橋天英院徳川家基

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone