コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊号一件 そんごういっけん

4件 の用語解説(尊号一件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尊号一件
そんごういっけん

寛政1 (1789) 年光格天皇が父典仁親王に太上 (だいじょう) 天皇の尊号を贈りたい旨江戸幕府に希望した際,老中松平定信が皇統を継がない者で尊号を受けるのは皇位を私するものとして拒否した一連の事件。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尊号一件【そんごういっけん】

1789年光格天皇が父の閑院宮典仁親王太上天皇の尊号を贈ろうとして,幕府の老中松平定信に反対された事件。反対の理由は,君臣の名分を私情によって動かすべきではないということにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そんごういっけん【尊号一件】

江戸後期,光格天皇がその父である閑院宮典仁親王に太上天皇(譲位した後の天皇)の尊号を贈ろうとして幕府に拒否された事件。1789年(寛政1)天皇は,前大納言中山愛親(なるちか)に命じて先例を調べさせ,承久~文安年間(鎌倉・室町時代)に2例あることを根拠として,所司代を通じて尊号宣下の承認を幕府に求めた。幕府では首席老中松平定信から関白鷹司輔平に書を送り,君臣の名分を私情によって動かすべきでないとの意見を述べた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尊号一件
そんごういっけん

江戸後期、光格(こうかく)天皇が生父の閑院宮典仁(すけひと)親王に太上(だいじょう)天皇の尊号を贈ろうとして幕府に拒否された事件。1789年(寛政1)朝廷は尊号宣下の承認を幕府に求めたが、老中松平定信(さだのぶ)は、本来太上天皇は天皇退位者に贈られる尊号であるのに、皇位を踏まぬ典仁親王に贈ろうとするのは、名誉を私するものだとして反対した。しかし、朝廷側も譲らず、その後繰り返し交渉が行われたが、幕府の断固たる拒絶にあってついに実現せず、93年に武家伝奏の正親町公明(おおぎまちきんあきら)、議奏の中山愛親(なるちか)の二卿(きょう)が江戸に喚問され、愛親は閉門、公明は逼塞(ひっそく)の処罰を受けて一件は落着した。
 当時、11代将軍徳川家斉(いえなり)も生父の一橋治済(ひとつばしはるさだ)を江戸城西の丸に迎えて、大御所(おおごしょ)の称号を贈ろうと計画しており、これに反対の松平定信は、その先例的事実となる尊号宣下に強硬に反対したともいわれている。[竹内 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尊号一件の言及

【寛政改革】より

…とくに解任直前には,定信は他の老中の意見をほとんど聞かず,幕閣から浮きあがっていたようである。定信解任の理由としてこのほかに,光格天皇が生父閑院宮典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとし,定信がこれに反対した〈尊号一件〉,さらに将軍家斉が実父の一橋治済を大御所として江戸城に迎え入れようとしたのを,定信がいさめたいわゆる大御所問題により,家斉・治済と定信との対立が深刻化したことが挙げられる。しかし寛政改革を定信とともに推進してきた老中松平信明らは,定信解任後も幕閣にとどまっており,これら〈寛政の遺老〉により,文化末年ごろまで寛政改革路線は継承されている面が多い。…

【光格天皇】より

…在位の間とくに旧儀の再興に意を用い,石清水社,賀茂社の臨時祭をはじめ儀式公事の再興をみたものも少なくない。朝幕間に緊張を起こした事件に〈尊号一件〉がある。すなわち天皇は89年(寛政1)後高倉院,後崇光院両太上天皇の先例により実父典仁親王に太上天皇の尊号を宣下しようとし,5年にわたる折衝にもかかわらず,幕府では老中松平定信が名分論をとって固く反対して,ついに断念せざるをえなかった。…

【典仁親王】より

…しかし幕府では老中松平定信が名分論をとって終始賛成しなかったため,この議は遂に成らず,93年このことに関与した議奏中山愛親,武家伝奏正親町公明が幕府から処罰されて終結をみた。いわゆる尊号一件であるが,のち1884年に至り,親王は明治天皇より太上天皇の尊号と慶光(きようこう)天皇の諡号(しごう)を追贈された。【武部 敏夫】。…

※「尊号一件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尊号一件の関連キーワード閑院宮典仁親王閑院宮美仁親王中山愛親鷹司輔平妙法院宮教仁法親王妙法院宮真仁法親王閑院宮孝仁親王閑院宮深仁法親王典仁親王大江磐代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尊号一件の関連情報