一枚もの(読み)いちまいもの(英語表記)sheet

翻訳|sheet

図書館情報学用語辞典 第5版「一枚もの」の解説

一枚もの

広くは,1枚の紙の全面に折り目を考慮しないで書写または印刷した資料で,一般に,広げたままで読み,折り畳まないものを指す.古いものでは,歌舞伎辻番付や開店披露のための引札,新しいものでは,ちらしビラポスターなどさまざまな種類が見られる.現在では,片面刷か両面刷か,折り畳むかかは問わず,広く一枚ものと呼んでいる.『日本目録規則2018年版』ではシートという用語を採用し,“紙やプラスチックなど,薄い材料から成る平らな一葉”と定義している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android