辻番付(読み)ツジバンヅケ

大辞林 第三版の解説

つじばんづけ【辻番付】

歌舞伎の番付の一。興行の宣伝のため、演目・配役などを記した一枚摺りのもの。ひいき先などに配り、市中の辻々に貼り出した。配り番付。櫓下やぐらした番付。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の辻番付の言及

【番付】より

…いわゆる〈顔見世番付〉である。続いて興行ごとの演目や配役を知らせる〈辻番付〉や〈役割番付〉が刊行される。また演目の内容を絵にした〈絵本番付〉もある。…

※「辻番付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android