コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳亀峰 ひとつやなぎ きほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳亀峰 ひとつやなぎ-きほう

1804-1855 江戸時代後期の武士。
文化元年6月18日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)小松藩士。近藤篤山(とくざん)にまなび,のち江戸の昌平黌(しょうへいこう)にはいった。奉行として20年間藩政にたずさわり,農業をすすめ,文教振興などにつくした。書家としても知られた。安政2年2月7日死去。52歳。名は寿愷。字(あざな)は悌甫。通称は吉之進,胖右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

一柳亀峰 (ひとつやなぎきほう)

生年月日:1804年6月18日
江戸時代末期の伊予小松藩士;書家
1855年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

一柳亀峰の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android